ささっと摂氏華氏計算摂氏華氏の換算式と早見表

摂氏華氏の自動計算

どちらかに半角数字を入れ、計算ボタンを押して摂氏⇔華氏の温度計算をします。
華氏 Fahrenheit:
摂氏 Celsius:
HOME screenアイコンできました

摂氏華氏の換算早見表

華氏1度~500度まで(=摂氏で-17.2度~260度まで)を華氏50度単位で表にしました。表にすると摂氏と華氏の違いも歴然ですね。

華氏摂氏華氏摂氏華氏摂氏華氏摂氏華氏摂氏
1-17.25110.610138.315166.120193.9
2-16.75211.110238.915266.720294.4
3-16.15311.710339.415367.220395
4-15.65412.21044015467.820495.6
5-155512.810540.615568.320596.1
6-14.45613.310641.115668.920696.7
7-13.95713.910741.715769.420797.2
8-13.35814.410842.21587020897.8
9-12.8591510942.815970.620998.3
10-12.26015.611043.316071.121098.9
11-11.76116.111143.916171.721199.4
12-11.16216.711244.416272.2212100
13-10.66317.21134516372.8213100.6
14-106417.811445.616473.3214101.1
15-9.46518.311546.116573.9215101.7
16-8.96618.911646.716674.4216102.2
17-8.36719.411747.216775217102.8
18-7.8682011847.816875.6218103.3
19-7.26920.611948.316976.1219103.9
20-6.77021.112048.917076.7220104.4
21-6.17121.712149.417177.2221105
22-5.67222.21225017277.8222105.6
23-57322.812350.617378.3223106.1
24-4.47423.312451.117478.9224106.7
25-3.97523.912551.717579.4225107.2
26-3.37624.412652.217680226107.8
27-2.8772512752.817780.6227108.3
28-2.27825.612853.317881.1228108.9
29-1.77926.112953.917981.7229109.4
30-1.18026.713054.418082.2230110
31-0.68127.21315518182.8231110.6
3208227.813255.618283.3232111.1
330.68328.313356.118383.9233111.7
341.18428.913456.718484.4234112.2
351.78529.413557.218585235112.8
362.2863013657.818685.6236113.3
372.88730.613758.318786.1237113.9
383.38831.113858.918886.7238114.4
393.98931.713959.418987.2239115
404.49032.21406019087.8240115.6
4159132.814160.619188.3241116.1
425.69233.314261.119288.9242116.7
436.19333.914361.719389.4243117.2
446.79434.414462.219490244117.8
457.2953514562.819590.6245118.3
467.89635.614663.319691.1246118.9
478.39736.114763.919791.7247119.4
488.99836.714864.419892.2248120
499.49937.21496519992.8249120.6
501010037.815065.620093.3250121.1

こうして表にすると、華氏は摂氏よりずっと細かいんですね。

華氏-500度~-1度の表(摂氏-296度~-18.3度)はこちら

華氏1度~500度の表(摂氏-17.2度~260度)はこちら←いまここ

華氏501度~1000度の表(摂氏260.6度~537.8度)はこちら

摂氏華氏の換算式/計算式

摂氏の換算式=(5÷9)x(華氏-32)
華氏の換算式=(9÷5)x摂氏+32

摂氏華氏のささっと早見表

詳細な華氏と摂氏の換算表ではなく、おおざっぱにささっと把握したい時はこちらの表が便利。

華氏摂氏メモ
932ºF500ºC熱した鉄が赤黒く見えてくる温度
842ºF450ºC
752ºF400ºCピザが1分以内で焼き上がる温度
662ºF350ºC
572ºF300ºC家庭用オーブンの設定温度上限
482ºF250ºC
392ºF200ºC天麩羅油の最適温度
302ºF150ºC
212ºF100ºCお水が沸騰する温度
122ºF50ºC地球の地上の気温の範囲
32ºF0ºC
-58ºF-50ºC
-148ºF-100ºC
-238ºF-150ºC地球の影側の人工衛星がさらされる温度
-328-200ºC窒素の沸点温度(-196ºC)
-418ºF-250ºC宇宙の平均温度(-270ºC)

摂氏・華氏 換算表ダウンロード

華氏1000度までの対応表のエクセルファイルはここから無料でダウンロードできるようにしました。華氏は1~1000まで、摂氏は華氏に対して計算する式が入っています。使う人はいないとおもうけど、81KBと小さなファイルなので、よろしかったらどうぞ~ ↓

摂氏・華氏 換算表ダウンロード (cf.xls) 81KB (右クリック→対象を保存)

摂氏と華氏の違いのお話

摂氏と華氏ではかなり数値の差があるので、私たち日本人のように摂氏に慣れていると、華氏との違いに戸惑ってしまいます。

摂氏というのはお水の状態を基本にして作られた温度です。0度でお水は氷に、100度で沸騰します。覚え方としては簡単ですよね。

では、華氏はどのような基準でこの数字になったと思われますか?

華氏は、ドイツの物理学者ファーレンハイト(Fahrenheit)さんが考えたものです。

摂氏がお水の温度を基準にした尺度と考えると、華氏は人間を基準にした尺度と考えられます。
華氏が考え出された当時、華氏0度を「人間が氷と塩で作れる最低温度」とし、華氏100度を「人間の体温」としたと言われているからです。
華氏で0度は摂氏−17.8度。そして人間が病気でも動き回れる限界程度の体温が華氏で100度、つまり摂氏37.8度となるのです。
華氏で100を超えると、人間にとっては要注意な体温、という事になりますね。
摂氏はお水が基本、華氏は人間が基本、と考えられるゆえんです。

摂氏華氏を使った英語の例(おまけ)

摂氏華氏にちなんだ英語の例文です。(英語訳はアメリカ人ネイティブスピーカーによるものです)

Today, the temperature reached 77 degrees Fahrenheit. (今日の気温は華氏77度まであがったよ)

Today, the temperature reached 25 degrees Celsius. (今日の気温は摂氏25度まであがったよ)

※英語圏では、1948年まで摂氏にCentigradeを使っていましたが、現在の摂氏はCelsiusを使っています。

温度に関するコラム

最高温度と最低温度の限界は?

up-arrow